アリスの散歩道 › ミケルソンさすがの精神力 インサイダー疑惑にも笑顔

2014年06月01日

ミケルソンさすがの精神力 インサイダー疑惑にも笑顔

「メモリアル·トーナメント·第3日」(31日、ミュアフィールドビレッジGC=パー72)
 3日目は、インサイダー取引疑惑を報じられたミケルソンが渦中の人となった。2週間後の全米オープンを制すれば、グランドスラム達成となる。何度も惜敗してきた全米オープン制覇は彼の何よりの悲願だ。
 大事なタイミングで騒動が勃発。さぞかし落ち込んでいるか、ピリピリしているだろうと思いきや、インタビューエリアに現れたミケルソンは笑顔。メディアの大群を見渡し、「すごいね」なんて言葉を口にして笑いを取る余裕を見せた。
 ミケルソンを眺めた後に松山のプレーを眺めたせいだろうか。2人が予選2日間をともに回った昨年の全英オープンを思い出した。あのとき松山は「4パットしても、そのあと決めてくるところが自分と違う」と、ミケルソンのネバーギブアップの精神に感服していた。
 あれから10カ月。あのときには無かった技術力や精神力、4パットしてもはい上がる力が松山にも備わっていれば、今週こそは優勝できるかもしれない。ミケルソンは騒動をものともせずに全米オープンを制覇できるかもしれない。そんな素敵な挽回劇を是非とも見たいと心底思う。(MB 714


この記事へのトラックバックURL

http://mylove.nunogatari.com/t1760
上の画像に書かれている文字を入力して下さい